現金化がカード会社にバレると利用停止になるってマジ!?

投稿日:

クレジットカード現金化サービスを利用した事がカード会社にバレたらどうなるの!?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はカード会社の利用規約によって禁止されています。
そのため、現金化サービスを利用したことがカード会社にバレてしまうとクレジットカードが利用停止になってしまうのです。
現金化はここ数年で利用者が急増しており現金調達の手段として多くの方が利用されています。
利用者の方が増えてきている事もあり、カード会社の方も現金化目的で利用していないかと目を光らせているんです。
カード会社も厳しく監視をしていますので、適当に現金化を利用しているようなら危険ですよ!
現金化業者によりやり方や内容なども違い、その内容によりカード会社にバレにくい方法もあります。
クレジットカードが利用停止にならないためにも、現金化を利用するときはカード会社にバレにくい方法を使うことが大切なんです。
では、そのカード会社にバレない現金化とは一体どのようなものなのでしょうか?
このあとは、現金化がカード会社にバレてしまう理由とバレにくい方法をお話していきます。

なぜ、クレジットカード現金化を利用したことがバレてしまうの?

なぜ現金化は利用したことがカード会社にバレてしまうのでしょうか?
冷静に考えてみれば、現金化を利用したとしてもカード会社に伝わる情報はクレジットカードで商品を購入したということだけです。
1日に何千万回もおこなわれているクレジットカード決済の中で現金化が気づかれるというのは、腑に落ちませんよね。
その理由を気になって調べてみたところ、このような理由が原因だとわかりました。

  • 換金性の高い商品を購入する。
  • 同じ商品を短期間に何度も購入する。
  • クレジットカードの支払いに遅延する。

では、それぞれの原因について簡単にお話していきましょう。

換金性の高い商品を購入する

クレジットカード現金化で換金性の高い商品を購入する

  • ゲーム機
  • ブランド品
  • 商品券・金券
  • 新幹線の回数券

こちらが現金化でよく使われる換金性の高い(買取り価格が高い)商品です。
これらの商品は以前より現金化で使われ続けてきたため、現金化のメジャーな商品であることがカード会社にもバレています。
そのため、この4つの商品を購入する取引をすべてロボットによってチェックしているのです。
商品買取方式では、換金率を高くするためにこの4つのどれかの商品を購入することになりますので、商品買取方式の現金化はクレジットカードの利用停止のリスクの高い方法だと言えます。

同じ商品を短期間に何度も購入する

クレジットカード現金化で同じ商品を購入する

たとえば、あなたがカード会社の社員だったとしましょう。
そんなときに、同じ商品を何度も購入しているクレジットカードを見つけました。
不審だと思いますよね。
消耗品でなければ大抵の商品は1つあれば充分事足ります。
2つも4つも必要になるものはほぼありません。
そのため、そういった商品取引は売却をするため、つまり現金化目的での利用だと疑われてしまい、クレジットカードが利用停止にされてしまうのです。
同じ商品は購入しないように気をつけて、購入するにしても期間を2週間ほど空けるように注意しなくてはなりません。

クレジットカードの支払いに遅延する

クレジットカード現金化の支払いに遅延する

現金化を利用した場合、支払いはカード会社におこなうことになります。
そして、この代金支払いなのですが実は遅延をしてしまうととても危険なのです!
支払いを遅延した時点でカード会社は何の取引にクレジットカードを利用したのか確認を始めます。
そのため、今までバレていなかったとしても支払いを遅延したせいで発覚してクレジットカードが利用停止になってしまうことがあるんです。
現金化を安全に利用したいのなら、優良店で取引をするだけではなくその後の支払いもしっかりおこなわなければなりません。
クレジットカード現金化では、この3つの原因が利用停止になる一番のキッカケと言われています。
現金化ヲ利用するのであれば、カードトラブルを避けるためにも絶対にこの3つの方法での現金化はしないように気をつけてくださいね。
次は、万が一カード会社にクレジットカード現金化が発覚してしまった場合のことをお話します。
クレジットカードが利用停止になる以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

現金化を利用したことがバレるとどんなペナルティを受けるの?

まず、現金化がバレた瞬間、クレジットカードは利用停止になります。
さらに、カード会社によっては会員資格の剥奪や利用代金の一括請求をされてしまうこともあるのです!
国際ブランドのJCBカードやアメックスカードは特に審査などにも厳しく、現金化サービスの利用がバレてしまうと厳しい体裁を受けることとなります。
利用停止も期間が定まっておらず有効期限まで使えなくなることもあります。
現金化の発覚はこのような重いペナルティを受けることになりますので、利用者の方々の利用頻度ややり方のなども考え、計画的な利用をすることがとても大切なことなのです。
また、そのほかにも信用情報にキズが付くというデメリットもあります。
信用情報とは、借入をするときに使う個人ごとに記録された借入記録です。
この信用情報に『利用停止』という記録がついてしまうことによって、他社からの借入をすることが難しくなってしまうのんです
将来、マイホームやマイカーを購入するためのローンも組めなくなってしまいますのでクレジットカードの利用停止は絶対に避けなければいけないのです。
では、そのクレジットカードの利用停止を避ける現金化の方法とはどのようなものなのでしょうか?
次は安全にクレジットカード現金化を利用する方法をお話します。

カード会社に知られないで安全に現金化をする方法

そんなカード会社に絶対に隠し通さなければいけない現金化ですが、カード会社に知られない方法もあります。
それがキャッシュバック方式の現金化です。
キャッシュバック方式とは、キャッシュバックの付いた商品を利用者が購入することで現金をプレゼントする方法のことです。
言ってしまえば、オマケとして現金が付いた商品だと思っておいてください。
先ほど、カード会社にバレる原因は、

  • 換金性の高い商品で現金化をする。
  • 似た商品を連続で購入する。
  • クレジットカードの支払いを延滞・遅延する。

の3つだとお話しましたね。
キャッシュバック方式の場合、キャッシュバックの付いた商品なら何でも問題ないため、換金性の高い商品を購入する必要はありません。
また、商品も多種多様なものがそろっていますので連続で同じ商品を購入することもありません。
つまり、カード会社にバレる原因は存在しておらず、キャッシュバック方式ならばクレジットカードが利用停止になることなく安全に取引をすることができるんです!

クレジットカード現金化で利用停止にならない方法

また、クレジットカードの支払いの遅延・延滞を防ぐには優良店を利用すれば問題ありません。
優良店ならば換金率が高く、支払いの負担が軽く済みますので「お金が無くて返済できない!」なんて可能性を減らすことができますよね。
こちらにクレジットカード現金化の業者の中でも換金率が高い優良店をご紹介しています。
もちろん、どの業者もキャッシュバック方式かamazonギフト券買取方式を採用していますので利用停止になるリスクは一切ありません。
安全に高換金率で取引ができる業者だけを掲載していますので、クレジットカードの利用停止を避けたい方はこちらの優良店を参考にしてくださいね。

クレジットカード現金化の優良店ベスト10

-未分類

Copyright© 【2021年最新版】クレジットカード現金化口コミ比較人気番付 , 2022 All Rights Reserved.