(※このページは2018年09月27日に更新されました。)

クレジットカードを持っていなくても携帯さえあれば現金化はできる

携帯電話 現金化

 

グレーゾーンの資金策として定着しつつあるクレジットカード現金化は違法性のある資金策と言われており提供者側が逮捕されている事実はありますが、利用者は未だ警察に摘発されたという事件には発展していません。

 

誰でも利用できるということから手頃にお金を手に入れられ合法とは言い難い資金策ではありますがクレジットカード現金化を利用される方は多くなりました。

 

世の中にはクレカをお持ちでない方もおり、クレジットカードを持ちたくても持てない方も中にはいらっしゃいますのでショッピング枠現金化ができる人は限られてしまいます。

 

現在は総量規制が施行されており消費者金融などでお金を借りられない方が多く思ったように資金繰りができません。

 

現金化は何もクレジットカードが無ければできないというわけではなく違う物を使ってお金を手に入れる方法があります。

 

クレジットカードを持っていなくても携帯さえあれば現金化はできるのです。

 

携帯電話決済で現金を手に入れる

携帯電話決済 現金

クレジットカードは無くても携帯電話を持っていないという方はおそらく少ないでしょうからキャリア決済をすれば現金化はできます。

 

では、携帯さえあれば現金化ができるとはどのような仕組みとなっているのか詳細を明かしていきましょう。

 

それぞれ携帯電話の機種にはおまとめ支払いができるようになっており買物ができます。

 

つまり、携帯電話決済で現金化をするのです。

 

クレジットカード現金化ではショッピング枠を使って品物を購入しその商品を現金化業者に買取ってもらうことでお金が手に入れられるのと同じで、携帯決済で物をお買い求めその品を売れば現金化したのと変わりません。

 

ありとあらゆる資金策ということで携帯電話決済で現金を手に入れられることも知っていただければと思います。

 

また、携帯電話があればアマゾンギフト券の現金化も可能です。


携帯電話の現金化のデメリット

携帯電話 現金化 デメリット

携帯電話の現金化をするにしてもデメリットがありますので、そのことを踏まえた上でのご利用を検討してください。

 

  • 利用可能額のキャリアは最大5万円から10万円と少額
  • 支払いは通話料金と合算されての請求
  • 支払い方法は選べず額面関係なく一括払いのみ
  • 換金率は最大でも70%代

 

各携帯電話の機種のキャリアの利用可能額は異なっておりソフトバンクは最大100.000円ですがドコモとエーユーは最大5万円までと大差があり比較的少額の現金化しかできません。

 

支払いは毎月の通話料金と同時に請求され、おまとめ支払いは一括払いでしか返済ができませんので負担になりかねます。

 

換金率はクレジットカードの現金化とは違って高くても70%代と考えておいた方が良いでしょう。

 

カードのショッピング枠現金化と比較していただきましても全ての面において劣っている資金策だということが分かります。

 

 

クレジットカード現金化口コミ・評判の人気番付 | TOPにもどる


トップへ戻る