(※このページは2018年06月05日に更新されました。)

クレジットカード現金化の膨大な自作自演の口コミ

クレジットカード現金化業者の自作自演の口コミ

 

どんな比較サイトやランキングサイトでもそうですが、実際に利用した方の口コミやレビューを参考にしてお店やサービスを選ぶというのは今となっては当たり前なことです。

 

大手ショッピングサイトでは商品を購入して頂いた方にレビューを書いてもらうとさらに特典がついてくるというほど口コミやレビューというのはネットショップや比較サイトにとって重要な存在となっています。

 

そのワケは新規顧客が口コミや体験談を見てその商品を購入するかどうかを判断する大きな材料となっているからです。良い口コミが集まっているサイトこそランキングでは上位となる優良店になります。

 

レビューのやらせ問題

2012年に大手グルメサイトのタベログで悪質な業者による口コミを装ったやらせ投稿をしていた問題が発覚しました。

 

これはタベログで評価を上げたい飲食店を相手にやらせ口コミ業者に金銭と引き換えに高評価のレビューを投稿するというものでした。

 

この問題というのは防ぐことが困難であり、タベログ側でも携帯電話番号での認証などセキュリティを高めておりますが全てを防ぐことは難しいとされております。

 

クレジットカード現金化の業者による口コミ

飲食店の口コミサイトのように大きく取り上げられることはないが、クレジットカード現金化の比較サイトや口コミサイトでも実際に利用した人が書いたワケではない、やらせによる口コミが膨大にあるという。

 

クレジットカード現金化でも飲食店などと同じように初心者というのは実際に利用した口コミやレビューを見てどういった業者なのかを想像する。

 

それが業者による自作自演の口コミだった場合、現金化業者の罠にはまってしまうということになる。

 

本来、クレジットカード現金化を利用して口コミを投稿する人は利用者の5%にも満たないごく少数の人間しかいない。

 

それにもかかわらず1日10件以上の投稿があるとしたらそれは業者によるやらせ口コミという可能性が極めて高い。

 

悪意のある現金化業者の宣伝広告の口コミに騙される前にクレジットカード口コミ人気番付の真実の口コミを参考に業者を比較したほうが賢明といえるであろう。


トップへ戻る