クレジットカード現金化は自己破産が不可能なのか弁護士に聞いてみた

(※このページは2018年06月05日に更新されました。)

クレジットカード現金化は自己破産できないのか解説

 

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金することで、即日現金を用意できることから多くの人が利用しているサービスです。

 

しかし、そんなクレジットカード現金化ですがウワサされていることがあります。

 

それはクレジットカード現金化で作った借金は自己破産をしても免責ができないということです。

 

もし、これが本当なのだとしたらクレジットカード現金化を利用するのが少し怖くなってしまいますね・・・。

 

しかし、これは本当のことなのでしょうか?

 

インターネット上の記事は書き手によって答えが変わりますので書かれている内容がすべて本当のことだとは限りません。

 

ということで、今回はクレジットカード現金化の自己破産について考えて見ましょう。

 

クレジットカード現金化は自己破産できないの?

クレジットカード現金化は自己破産できないのか解説

 

自己破産をするときは裁判所に「破産手続開始・免責許可申立書」を提示します。

 

その書類の中に「クレジットカード現金化を利用したことがあるか?」という項目があるのです。

 

クレジットカード現金化を利用することは自己破産の免責不許可事由に該当します。

 

免責不許可事由とは、自己破産をしても免責できない借金の理由のことです。

 

そのため、クレジットカード現金化は自己破産ができないと言われているのです。

 

しかし、法律のプロである弁護士の意見では「クレジットカード現金化を利用しても自己破産はできる」という意見もあります。(参考:弁護士ドットコム

 

では、弁護士の意見ではどうすればクレジットカード現金化の借金を自己破産で免責することができると書かれているのでしょうか?

現金化を利用したことを正直に話すのが自己破産で大事!

自己破産では現金化を正直に話そう

 

矛盾してると感じるかもしれませんが、弁護士の意見では『正直にクレジットカード現金化を利用したことを話すのが大事』と言われていました。

 

というのも、免責不許可事由に該当するからといって必ずしも自己破産ができなくなるワケではありません。

 

そもそも自己破産は債務者を守るためにある法律なので、債務者がクレジットカード現金化を利用したことをしっかりと反省していれば自己破産による免責が認められるケースがほとんどなのです。

 

そのため「自己破産をする前にクレジットカード現金化でお金を用意して豪遊した」などの状況でなければ自己破産による免責は可能との結論になります。

 

新幹線の回数券や商品券などの換金性の高い商品を常に現金化していたとなれば別かもしれませんが、現金化業者を使って利用していたのであればまったく問題なく自己破産をすることができるでしょう。

 

クレジットカード現金化は自己破産できる!

クレジットカード現金化は自己破産可能!

 

この記事を書くときに、情報の裏づけとして弁護士に無料相談をおこなってみたのですが、そちらも同じ回答をいただきました。

 

どうやらクレジットカード現金化は自己破産できるというのは弁護士の中でも共通見解のようで無茶な利用さえしていなければ問題ないとのことです。

 

もちろん、自己破産を避けるためには現金化の換金率の高い優良店を利用することが大切なことではありますが、どうしても自己破産をしなければいけないという状況になったときには弁護士や司法書士に正直に相談をするのが一番大切なことです。

 

自己破産をしたからといって会社をクビになったりもすることはありませんので、まずは近くの弁護士事務所に向かうことをオススメします。

トップへ戻る