(※このページは2019年8月1日に更新されました。)

クレジットカード現金化の換金率について

現金化の換金率の相場

 

お金が必要になったので、誕生日でもらったJCBの商品券をチケットショップで換金しにいきました。
商品券が5万円分あり、結果的に48,000円で買い取ってもらえました。

 

この場合の換金率は、
48,000円(買取額)÷50,000円(額面)=換金率96%
となりますね。

 

つまり、クレジットカード現金化の換金率とは使ったショッピング枠に対していくら現金でもらえるのかをパーセントで示したもののこととなります。

 

チケットショップの換金率と現金化の換金率の違い

クレジットカード現金化の換金率の違い

 

チケットショップで金券を売却する場合、買い取りレートがあり、ほとんど買取価格が変わることはありません。
元々が換金性の高い商品となっていますので、安定した買取価格を保っているのです。

 

ですが、クレジットカード現金化には在庫や販売相場というものはありません。

 

現金化業者によって換金率が変わりますので『いつ現金化するか』ではなく、『どこで現金化をするか』が大事となっているのです。

 

また、そのほかにも一律で買い取ってくれるチケットショップとは違い、クレジットカード現金化は利用金額によって換金率が変わることがほとんどです。

 

さまざまな点で換金率が変動しますので、現金化を利用するときは注意してくださいね。


現金化の換金率は手数料によって決まる

クレジットカード現金化の手数料

 

本来、換金率という意味合いは最終的にもらえる金額の割合のことを指します。

 

チケットショップでも換金率96%と書かれていて10万円を売ったら96,000円が渡されますよね。
これが普通の人が考える換金率でしょう。

 

ですが、クレジットカード現金化ではほとんどがそのように設定されていないのが常識となっています。

 

たとえ、換金率が90%だったからといって入金されるのが90%というワケではなく、そこから手数料が引かれる可能性もあるのです。

 

現金化の手数料について

現金化の手数料

 

クレジットカード現金化では、さまざまな手数料がかかり、それを利用者が負担するケースがほとんどです。

  • カード決済手数料
  • 商品送料
  • 振込手数料
  • 消費税

そのため、これらすべての手数料を利用者が負担すると換金率はとても下がってしまうのです・・・。

 

その下がり具合を利用金額10万円で換金率90%だったとしてシュミレートしてみましょう。

 

10万円(利用金額)×{96%(換金率)-10%(決済)-2%(商品送料)-1%(振込)-8%(消費税)}=75,000円

 

このように換金率96%でも実質的に入金される金額は75%になってしまうのです。

 

最大換金率98.8%と書かれていたとしても、大抵はこのカラクリによって入金額を減らされてしまいます。
そのため、現金化業者の換金率は60%~70%になってしまうことがほとんどなのです。

 

現金化の換金率をあげるためには?

現金化の換金率をあげるための方法

 

換金率60%~70%になってしまうことがほとんどですが、すべてが低い換金率というワケではありません。

 

やり方によってはこの相場を越えた換金率で取引をすることも充分に可能となるのです。

 

では、その換金率をあげるやり方とはどのようなものなのでしょうか?

 

それは、こちらの3つです。

  • 利用金額を高くする
  • 一律表記の現金化業者を使う
  • 手数料の低い優良店を利用する

それでは、この3つを詳しく見て行きましょう。

 

利用金額を高くすると換金率があがる

換金率を高めるためには利用金額を高くする

 

よく、月に何回もクレジットカード現金化を利用する人を見かけます。
1万円を5回利用したりなんてケースがほとんどで、必要なときに現金化を使っているのでしょう。

 

ですが、それは実は損な方法です。
クレジットカード現金化は利用金額によって換金率が変わりますので、少額の現金化だと極端に換金率が下がってしまうのです。

 

逆に一回の利用金額をあげれば、換金率も上がります。

 

結果としてトクになるパターンも多いので、クレジットカード現金化をするときは少し多めに利用するか、利用する予定を考えて金額を決めたほうが良いですよ。

 

一律表記の現金化業者を使う

一律表記の現金化業者を利用する

 

最大換金率はまったくもって信用することができませんが、一律表記の現金化業者なら換金率が真実である可能性が高まります。
なぜなら、『最大値』であれば初期の換金率を下げることができますが、一律表記の場合は下限が決まっていますので、極端に換金率を下げることは難しいことになっているのです。

 

相場より高換金率での取引ができるようになりますので、現金化業者の換金率の表記はチェックしておいてくださいね。

 

また、この方法を使うのなら次の方法もあわせて使うと効果的です。

 

手数料の低い優良店を利用する

現金化の手数料無料の優良店を利用する

 

現金化業者は、多額の手数料をとってくる業者ばかりではありません。

 

実は手数料の一部を負担してくれる優良店も存在しているのです。

 

手数料が低ければもちろん高換金率はで現金化することができますね。
手数料を支払わなくて良い業者を利用すれば換金率が極端に引き下げられることもありません。
つまり、表記されている換金率の数値に近い金額での取引をすることができるのです。

 

また、先ほども言いましたが『最大値』の換金率ですと、手数料以外にも換金率を下げられてしまう可能性があります。

 

手数料の低い優良店なら間違いありませんので、換金率を高くしたいならそちらを利用することをオススメします。

 

現金化は換金率が重要!

現金化は換金率が重要

 

いかがでしたか?

 

クレジットカード現金化の換金率はチケットショップなどのものとは一風変わったものになっています。

 

業者ごとに変動しますので、現金化で高換金率の取引をするのはとても難しいものなのです。
また、手数料も多くかかってしまいますので換金率の相場は60%~70%となっていますので理想とする取引とはほど遠いものになってしまうでしょう。

 

理想とする現金化に少しでも近づけたいのなら、

  • 利用金額を大きくする
  • 一律表記の現金化業者を使う
  • 手数料の低い業者を使う

上記にもありますが、こちらの3つが重要です。

 

当サイトではこの条件を満たしている換金率の高い優良店のみを掲載しています。

 

ぜひ、こちらを参考に高換金率で取引をしてみてくださいね。

 

トップへ戻る