クレジットカード現金化をキャンセルする方法と注意点をまとめてみた

(※このページは2018年06月05日に更新されました。)

クレジットカード現金化は途中でキャンセルできるの?

クレジットカード現金化は途中でキャンセルできるの?

 

クレジットカード現金化は即日でお金を作るのに便利なサービスです。
審査・来店不要で誰でもお金を作れますので資金調達には持ってこいと言えるでしょう。

 

しかし、現金化業者にも申し込みをしたあとに、

  • 資金調達の目処がついた
  • 別の業者を比較したくなった
  • 現金化の利用が不安になってきた

などの理由からキャンセルしたいと考える方も多いことだと思われます。
お金が必要なくなったら現金化を利用するメリットはありませんもんね。

 

そこで、ここではクレジットカード現金化を途中でキャンセルする方法について解説します。

  • 「キャンセルするためにはどんな手順を踏めばいいの?」
  • 「そもそも現金化はキャンセルできるの?」
  • 「申し込みをしたら最後まで取引しなきゃダメなの?」

このようにお考えの方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

 

現金化のキャンセルの可否はタイミング次第!

現金化のキャンセルの可否はタイミング次第!

 

さっそくクレジットカード現金化のキャンセルについて解説しましょう。

 

結論から言ってしまうと、クレジットカード現金化はキャンセルが可能です。

 

とはいえ、いつの段階でもキャンセルできるワケではありません。

  • 申し込み
  • 本人確認
  • カード決済

現金化は大きく分けて3つのステップに分けることができ、タイミングによってキャンセルの可否が変わります。

 

ということで、タイミングごとにキャンセルが可能か否か解説していきましょう。

①.申し込み

申し込み

 

メールフォームより個人情報を記入し申し込みをした段階です。
申し込みをしてしまったからには現金化をしなければならないと思われる方もいるのですが、この申し込みはあくまで『見積もり』をお願いしただけです。

 

そのため、申し込みをしたとしてもキャンセルは可能です。

 

取引を中止したいとメールで伝えれば取引を進める必要はありませんのでご安心ください。

 

②.本人確認

本人確認

 

申し込みのあとは本人確認をおこないます。
身分証の写真を撮って現金化業者に送信した状態ですね。

 

こちらの段階でも①と同じく、まだ取引は成立していません。
ですので、本人確認をしても現金化のキャンセルは可能です。

 

また、身分証を送ってしまったことからつい最後まで業者を使ってしまう方も多いようですが、ちゃんとした現金化業者なら個人情報を悪用されることはありません。

 

キャンセルする場合は個人情報の破棄を依頼して取引を終了させましょう。

 

③.カード決済

カード決済

 

最後にカード決済をおこなった後の段階です。
今までの段階では取引が完了してしまっています。

 

そして、基本的にどの店舗でも返品・キャンセルは取引が成立した後だと店舗に応える義務はなく、善意で受け付けることがほとんどです。

 

そのため、カード決済をおこなってしまうとキャンセルはできません。

 

どうしてもキャンセルしたい場合はカード会社に依頼して決済を止める方法もありますが、この方法は警察に介入があったり、現金化行為がカード会社にばれるためカードが利用停止にされてしまったりとデメリットが多いです。

 

現実的な方法ではありませんので、カード決済後にキャンセルはできないと考えておいてください。

 

クーリングオフでキャンセルできないの?

他のサイトを見ていると「クーリングオフでキャンセルできる」と書かれているサイトを見かけますが、クーリングオフとは『押し売り』や『訪問販売』による取引がキャンセルできるといった法律です。
クレジットカード現金化の場合は利用者が自分からサイトに訪問し、申し込みをおこないますので訪問販売とは見なされず、クーリングオフは適用されませんのでご注意ください。

 

クレジットカード現金化は悪質業者だとキャンセルできない!?

クレジットカード現金化は悪質業者だとキャンセルできない!?

 

ここまでの内容で現金化のキャンセルについてはお分かり頂けたかと思います。
要約すると、カード決済までならキャンセルできるってことですね。

 

しかし、ここで注意して頂きたいのが現金化の悪質業者の存在です。
というのも、悪質業者だとキャンセル料を請求してくることもあるのです。

 

その金額は20%ほどで、より悪質な業者だと50%を請求してくることもあります。
また、手口も狡猾で利用規約にキャンセル料について記載しておき、利用者にバレないように同意させたりと様々です。

 

知らないうちにとはいえ、利用規約に同意してしまうとキャンセル料は支払わなければなりません。

 

現金化業者を選ぶときはトラブルに巻き込まれないためにも、業者の利用規約にしっかり目を通すか調査済みの安心できる優良店を使うように注意しなければなりません。

 

クレジットカード現金化のキャンセルについてのまとめ

クレジットカード現金化のキャンセルについてのまとめ

 

いかがでしたか?

 

クレジットカード現金化は基本的にはキャンセルが可能ですが、カード決済後だとキャンセルできなかったり、悪質業者にキャンセル料を請求されたりといったトラブルもあります。

 

ですので、現金化業者は口コミ評判で人気の高い業者を選ぶのが大切です。

 

口コミ評判のよい業者なら親切に対応してくれますので可能な限りキャンセルにも応えてくれます。
また、契約内容も明確に教えてくれますのでトラブルになることもありません。

 

「これからキャンセルしたくなるかも・・・」とお考えの方は口コミ評判の高い優良店を使ってくださいね。

 

また、当サイトでは口コミ評判を元に作成した優良店総合ランキングを掲載しています。
優良店のみ掲載していますので、安全に現金化をしたい方はこちらを参考にしてはいかがでしょうか?

 

現金化口コミで評価の高い最新優良店ランキング

トップへ戻る