携帯キャリア決済の現金化で換金率90%の即日でお金を作る超簡単な方法を解説

(※このページは2018年09月27日に更新されました。)

携帯キャリア決済現金化で即日中にお金を作る方法を解説!

キャリア決済現金化のイメージ

 

お金を用意する方法として、携帯・スマホのキャリア決済を利用した現金化の方法もあります。

 

この方法は、

  • au
  • docomo
  • ソフトバンク

のどれかの携帯会社と契約をしているのなら誰でも利用することができます。
そして、金欠のときにお金をすぐに用意することができるのです!

 

しかし、このサービスはいまだ知名度が低く、その仕組みをよくわかっていないという人も多いでしょう。
やはり、初めてなにかをするときは誰しもが不安になるものです。

 

そこで、ここでは携帯・スマホのキャリア決済の現金化ついてお話しようと思います。

 

といっても、誰にでもできるくらいカンタンなのであまり気構えずに読んでいってくださいね。

 

携帯・スマホのキャリア決済とは?

携帯・スマホのキャリア決済とは?

 

まずはキャリア決済の基本的な情報からお話します。

 

キャリア決済とは携帯・スマホにある後払い機能のことです。
携帯料金の支払いに商品代金を上乗せすることで、お金がなくても商品を購入することができます。

 

amazonでの買い物やソーシャルゲームの課金などが一般的な使い方のようですね。
ほとんどクレジットカードと変わりませんので、同じようなものだと考えておいていいでしょう。

キャリア決済の利用限度額について

携帯・スマホのキャリア決済の利用限度額について

 

携帯・スマホのキャリア決済の利用限度額は利用者によって異なります。

 

どこの携帯会社のキャリア決済の利用限度額も1万円~10万円となっていますので、キャリア決済を利用する前に限度額を確認しておくと良いでしょう。

 

また、各種携帯会社が提示しているキャリア決済の限度額の基準はこちらになります。
支払い状況によっても変わりますが、参考までに見ておいてくださいね。

auかんたん決済

年齢 利用限度額
12歳以下 1,500円
13歳~19歳 1万円
20歳以上 1万円~10万円

※料金の支払い方法・返済状況・サービス利用状況によって限度額が変動します。
詳しくはauのお問い合わせからご確認ください。

ドコモケータイ払いサービス

年齢 契約期間 利用限度額
19歳以下 - 10,000円/月


20歳以上

1~3ヶ月 10,000円/月
4~24ヶ月 30,000円/月
25ヶ月以降 50,000円/月

※携帯料金支払いの遅延・延滞などがあると限度額が減らされる可能性があります。
詳しくはdocomoにお問い合わせください。

ソフトバンクまとめて支払い

利用者年齢

利用限度額

満12歳未満 最大2,000円/月
満20歳未満 最大20,000円/月
満20歳以上 最大100,000円/月

※最大値なので、利用者の信用によって限度額が変動します。
不安な方はソフトバンクのお問い合わせで確認すると良いでしょう。

キャリア決済利用時の返済方法について

携帯・スマホのキャリア決済利用時の返済方法について

 

携帯・スマホのキャリア決済の限度額以内であれば現金化が可能です。
ちょっと金欠のときにはとても役立つ方法となるでしょう。

 

ただし、気をつけてほしいのがキャリア決済の支払いは必ず一括となってしまうということです。

 

分割払いやリボ払いはできませんので、4万円のキャリア決済を現金化すると月末に4万円+携帯料金を支払わなければなりません。

 

支払いが遅れてしまえば携帯・スマホは利用できなくなってしまいますので、キャリア決済の現金化をするときは支払いのできる範囲での利用を心がけましょう。

 

携帯・スマホのキャリア決済現金化の方法を解説

携帯・スマホのキャリア決済の現金化の方法について

 

では、次は携帯・スマホのキャリア決済現金化の方法についてお話しますね。

 

携帯・スマホのキャリア決済現金化をおこなっている現金化業者は多数います。

 

たとえば、『三つ葉ギフト』や『ソフクリ』があげられます。
しかし、これらの現金化業者は絶対に利用してはいけません。

 

というのも、通常の手段でキャリア決済の現金化をしてしまうとブランド品などの中古品を買うことになるのですが、買取額が低いため換金率が60%~70%にまで低くなってしまうのです!

 

かなりの金額を損することになりますので、絶対に使わないようにしましょう。

 

では、損せずにキャリア決済を現金化するためにはどのようにすればいいのでしょうか?
今からその方法についてお話していきます。

 

 

プリペイドカードを発行する

 

まずは携帯キャリア決済からチャージができるプリペイドカードを発行しましょう。

  • dカード
  • ソフトバンクカード
  • auウォレット
  • バンドルカード

キャリア別にこのようなプリペイドカードがあり、カンタンに発行できますので、用意してみてくださいね。

 

買取本舗に申し込みをする

 

次は現金化業者の買取本舗に申し込みをします。

 

こちらはクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者で、プリペイドカードも残高があればクレジットカードと変わりませんので現金化が可能です。

 

現金化の手順は買取本舗より説明書を貰うことができ、よく分からない方は買取本舗のサポートに教えてもらいながら進めることも可能です。

 

また、買取本舗は換金率90%以上で現金化ができる業界でもトップクラスの優良店ですので、現金化をするのなら買取本舗が良いでしょう。

 

現金が入金される

買取本舗に申し込みをしましたら、指定された商品を購入してください。
その後、買取本舗から1時間以内に入金がおこなわれますので待っていましょう。

 

後日、購入した商品が自宅に届きますので、その商品を受け取って携帯キャリア決済の現金化の手順はすべて終了です。

 

はじめは難しく思えるかもしれませんが、実際にやってみるととてもカンタンなので、ぜひチャンジしてみてくださいね。

 

キャリア決済現金化のまとめ

携帯・スマホのキャリア決済の現金化についてのまとめ

 

いかがでしたか?
キャリア決済の現金化はそれほど難しいものではありません。

 

携帯・スマホにあるキャリア決済で商品を購入し、売却するだけなのでカンタンですよね。

 

また、現金化業者として名高い買取本舗であれば高換金率での現金化も可能です。

 

携帯キャリア決済の現金化をするときは、ぜひ買取本舗で損のない現金化を実現させてみてくださいね。

 

買取本舗の公式HPはこちら

トップへ戻る