(※このページは2018年08月27日に更新されました。)

未成年の現金化が危険な3つの理由を解説

未成年の現金化が危険な3つの理由を解説

 

未成年でも時には現金が必要になることもあります。
友達付き合いやほしいモノがあるとき、お金がほしいと考えることでしょう。

 

そんなときに便利な方法がクレジットカード現金化なのですが、未成年でも現金化を利用することはできるのでしょうか?

 

クレジットカード現金化は未成年でも利用できるの?

クレジットカード現金化は未成年でも利用できるの?

 

では、さっそく本題をお話していきましょう。

 

クレジットカード現金化は未成年でも利用することは可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、クレジットカード現金化は未成年の方でも利用は可能です。

 

そもそもクレジットカード現金化は消費者が購入した商品を買い取る、または買った見返りとしてお金を渡します。
そのため、自分名義のクレジットカードであれば消費者が未成年であろうと関係がないのです。

 

未成年だからと言って現金化ができないといったことはありませんので安心しても良いでしょう。

 

とはいえ、未成年の現金化に何のリスクもないワケではありません。
通常の現金化よりリスクの高い方法となってしまいますので、よく考えてから現金化を利用しなければならないのです。

 

未成年がクレジットカード現金化が危険である3つの理由

①自分名義のクレジットカードしか使えない

自分名義のクレジットカードしか使えない

 

クレジットカードは名義人以外の人が使うのは利用規約に違反した行為です。

 

当然、クレジットカード現金化でもクレジットカードを利用することになりますので本人名義のカードでなければ現金化をすることはできません。

 

家族、友達のクレジットカードで現金化するのは詐欺罪に該当しますので立派な犯罪です。

 

また、クレジットカード現金化を利用するときには本人の身分証を提示しなくてはなりませんので年齢を誤魔化して利用することはできません。

②未成年の現金化は受け付けていない業者も多い

未成年の現金化は受け付けていない業者も多い

 

未成年による現金化を受け付けていない業者も多いです。

 

その理由としては、民法で未成年者による商取引は親権者が申し立てすると解除が可能です。
そのため、あとから契約を解除したいと申し出る未成年も多く、現金化業者はそういったトラブルを避けるために未成年の現金化を拒否しているのです。

 

基本的にどの現金化業者でも未成年はお断りをしております。
原則として身青年の現金化では業者を使ったすることはできませんのでご注意ください。

③クレジットカードが利用停止になるリスクが高い

クレジットカードが利用停止になるリスクが高い

 

先ほども言いましたように未成年による現金化では業者を使うことはできません。

 

となれば、自分で現金化をする方法を使おうと考える人も多いでしょう。
自分でする現金化であれば、商品を転売するだけなので未成年の方でも現金化ができますね。

 

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法はカード会社の利用規約で禁止されている行為であり、換金性の高い商品を売買する自分でする現金化はカード会社にばれやすい方法となっております。

 

そのため、クレジットカードが利用停止にされてしまう可能性が高いのです。

 

換金性の低い商品の現金化であれば問題はありませんが、そうなると換金率50%ほどの効率の悪い方法となってしまいます。
どちらにしても損の多い現金化になることを覚えておきましょう。

 

未成年のクレジットカード現金化を利用すべきではない

未成年のクレジットカード現金化を利用すべきではない

 

未成年でもクレジットカード現金化は利用が可能です。

 

しかし、リスクの高い方法となるのは間違いなく、使ったショッピング枠の支払いが滞ればブラックリストに追加されてしまう可能性もあります。

 

そうなってしまえばブラックリストが解除されるまでクレジットカードを利用できなくなります。
ブラックリストの期間は5年~10年なので、あなたが18歳なら23歳~28歳までクレジットカードを使うことはできないということですね。

 

お金が必要なとき、親に内緒で現金化を利用したくなる気持ちもわかりますが、安全にお金を作ることはできませんので未成年はクレジットカード現金化を利用しないほうが良いでしょう。

 

どうしてもお金が必要なときは親や知り合いに相談してみるのもひとつの手ですよ。

 

クレジットカード現金化口コミ人気番付

トップへ戻る